移植医療部の歴史

 大阪大学は、我が国における脳死臓器移植の再開に向けて、20年以上にわたり精力的に準備を進めるとともに、社会的な活動も行ってきました。

 1988年、日本医師会生命倫理懇談会が「脳の死をもって人の個体死として認める」としたことを受け、大阪大学医学部倫理委員会にて脳死臓器移植について審議され、1990年8月、心・肝・腎移植が認可されました。そして、1992年1月、臨時脳死及び臓器移植調査会の最終答申から、1997年6月17日、「臓器移植に関する法律」の制定まで、移植関係の患者団体とともに臓器移植法の制定に向けて、積極的に協力し活動してきました。
 法律の制定後、移植関係合同委員会より、心臓、腎、肺、膵、小腸、肝、心肺同時の順に、移植実施施設として認定されました。2006年、保険収載改定により、心、心肺、肺、肝、膵、腎の全ての脳死臓器移植の保険施設として認定されました。当時、全臓器において脳死移植認定を受けた施設としては唯一の病院でした。

現在までの実績(2017年03月31日)として、心臓、肺、膵臓の再開例をはじめ、脳死臓器移植を、心、肺、心肺、肝、膵、腎あわせて206例実施しています。また、心停止下の腎移植も121例実施しております。生体ドナーからの移植は、肝臓が着実な進展を見せ254例を越え、また生体肺移植、生体膵移植、生体腎移植においても実績が上がってきています。
 一方、造血幹細胞移植は、血液腫瘍内科、小児科を中心に従来から精力的に進められ、その実績はいまでは国内の代表的施設となってきています。

このように、大阪大学における臓器移植、細胞移植における発展をふまえ、診療科横断的に移植医療を推進していくことを目的として、2003年、“移植医療部”が院内措置として設立されました。さらに、同年(2003年)、看護部の全面的な協力の下、専従のレシピエント移植コーディネーターが配置され、2005年には、臓器提供に関る院内コーディネーター2名も配置されました。2006年から、レシピエント移植コーディネーターも4名体制となり、2007年、“移植医療部”も中央診療施設として承認されました。
 いまだ、脳死からの移植は低迷している現状ではありますが、生体移植や脳死移植待機患者の増加、移植患者の管理など、院内外における移植医療部の役割は大きくなってきています。これからも、私たちの理念である「心のこもった移植医療」の実現に向けて努力して行きたいと考えています。