移植医療部Q&A

臓器移植全般について

臓器移植とは何ですか
●臓器移植とは、臓器が障害され、生命が危ぶまれたり、生活が非常に障害されたりするようなときに、他の人(時には動物)から臓器をもらって快復を図るものです。
レシピエント(臓器をいただく人)の臓器を摘出して、ドナー(臓器を提供する人)の臓器を同じ場所に移植することを同所性臓器移植といい、心臓、肺、肝臓、小腸などの移植で行われます。
●一方、膵臓や腎臓の移植ではレシピエントの臓器を残したままで、別の場所にドナーの臓器を移植するので異所性臓器移植といいます。
どのような臓器が移植できるのですか。
●ほとんどの臓器が移植可能ですが、心臓、肺、肝臓、膵臓、腎臓、小腸の移植が一般的です。
●患者さんによっては、心臓と肺、膵臓と腎臓など、2つ以上の臓器を同時に移植しないといけない方もいます。
臓器移植はどのような方が受ける治療ですか。
●現在の医学で考えられる、あらゆる内科的・外科的治療を行っても治癒できないほど、臓器が傷害された場合に臓器移植を受ける必要があります。
●傷害された臓器を移植した方が、生命予後(どのくらい生きることができるか)や生活水準(QOL:どのような生活ができる可)の面で改善されるときに、臓器移植の適応があるといいます。
●つまり、移植をすると却って生命予後やQOLが下がる場合には移植の適応となりません。
●たとえば、移植する臓器以外に、移植をしても改善しないような傷害がある場合や、全身性の感染症がある場合には、移植をしたあとの薬を効果的に飲んでもらえませんので、移植を受けることはできません。
●臓器移植後には、様々な薬を飲んでもらったり、様々な生活の制約を守ってもらったり必要がありますので、臓器移植について、移植を受けていただく本人・家族がよく理解していただく必要があります。
●また、臓器移植は、ドナーの方の善意で成り立つ医療です。従って、いただいた臓器をいつまでも大切にし、ドナーやそのご家族に対して感謝の気持ちを持っていただくことが必要です。
どのような方から臓器をいただくのですか。
●すでに死亡された方から、臓器を移植することを死体臓器移植、生きている方(多くは家族)の臓器を移植を生体臓器移植といいます。
●死体臓器移植の中でも、脳死になった方からいただいた臓器を移植することを脳死臓器移植といいます。心臓を含め、すべての臓器を移植することが可能です。
●一方、生体臓器移植は、生きている方から臓器をいただかなくてはなりませんので、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸などは可能ですが、心臓は不可能です。
●生体移植の場合、肝臓、腎臓、膵臓、小腸は一人のドナーから移植すれば十分なことが多いですが、肺は多くの場合、二人のドナーが必要です。
●生体ドナーの場合、肝臓や小腸は残りの部分が成長しますが、肺、腎臓、膵臓は摘出した分だけ、生体ドナーの臓器機能は低下します。
●我が国では死体ドナーの数が少ないので、欧米に比べて生体臓器移植の割合が非常に高いのが特徴です。
どのようにすれば死体臓器移植をうけられるのですか。
●我が国で、死体臓器移植を受けるためには、日本臓器移植ネットワークにその臓器の移植希望者として登録しなければなりません。
●現在、日本臓器移植ネットワークには、心臓、肺、肝臓、膵臓、腎臓、小腸の移植希望者が 登録されています。
●腎臓を希望する人は、その人が通院している透析施設から移植施設に申し出て、支部を通じて登録します。現在、各県や支部によって登録方法が違いますので、居住地を担当する支部に問い合わせて下さい。
●その他の臓器は、現在診てもらっている医師に移植施設を紹介してもらい、移植施設で、その臓器の移植が必要かどうかを検討してもらいます。その結果、臓器移植が必要と判定された場合に、その移植施設から日本循環器学会、日本肝臓学会などの関連学会の適応評価検討委員会に移植適応の評価を依頼してもらいます。その結果、移植が必要と判定された患者さんが当ネットワーク本部に登録されています。
●いずれの場合にも、移植施設の先生に、何故移植が必要なのか、どのような移植が必要なのか、移植の後どうなるのかなどを、しっかりを話を聞き、ご家族とも十分に話し合った上で、登録して下さい。
どのようにすれば生体移植をうけられるのですか。
●生体臓器移植は日本臓器移植ネットワークに登録する必要はありません。
●また、日本循環器学会、日本肝臓学会などの関連学会の適応評価検討委員会の審査を受ける必要もなく、移植施設で移植が必要と判定されれば、移植を受けることができます。
●従って、現在診てもらっている医師に移植施設を紹介してもらい、移植施設で、その臓器の移植が必要かどうかを検討してもらいます。その結果、臓器移植が必要と判定された場合に、移植を受けることができます。
●但し、臓器を提供していただけるドナーがいなくてはいけません。
●生体移植は、健康な方からの臓器提供であり、極めて慎重に判断される必要があります。
生体ドナーはどのような人がなることができますか。
●生体ドナーになりうる人は、原則的に親族に限定されます。親族とは6親等以内の血族、配偶者となる親等以内の姻族を指します。親族に該当しない場合においては、当該医療機関の倫理委員会において、症例毎に個別に承認を受けるものとされていますので、移植施設にご相談ください。
●ドナーの方の血液型、臓器機能、その他の基礎疾患などがないかを十分に検討したうえで、医学的にドナーになっていただけるかどうかを決定します。
●これ以外に、提供は本人の自発的な意思によって行われるべきものであり、報酬を目的とするものであってはなりませんので、精神科の先生などにも参加していただいて、総合的に生体ドナーとして適しているかどうかを判定します。